<< 一覧に戻る

てんかん臨床の窓から

COVID-19禍での脳波検査の実際

酒田あゆみ重藤寛史

Epilepsy Vol.15 No.1, 40-44, 2021

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は,飛沫感染,接触感染により容易に感染が拡大する.2019年12月,中国・武漢で始まったとされ,本邦では2020年1月16日に最初の国内感染者が確認された.感染者数の増加に従い福岡県では4月7日に緊急事態宣言が発令され,4月10日をピークにいったん国内感染者は減少したが,5月25日に宣言が解除されると再び感染者は増加した.8月5日~10月8日にかけての福岡コロナ警報のときは8月7日に感染のピークがあり,2021年1月14日からの福岡県における第2回緊急事態宣言では1月18日に感染のピークがあった1).脳波検査は検査技師や医師が患者に近接して行う検査であり,COVID-19の影響をじかに受ける.そこで,この約1年で経験したCOVID-19禍での脳波検査の実際をまとめた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る