<< 一覧に戻る

患者様満足度講座

患者様の満足度を高めるためのドライアイ診療とは

~術後②緑内障編~

山本哲也

Frontiers in Dry Eye Vol.12 No.1, 48-50, 2017

実は緑内障診療はocular surfaceととても関連が深い。なぜかというと,一つには大量に長期間使われる緑内障治療薬。これが角結膜上皮に悪影響を与えないわけがない。もう一つが濾過手術。必要悪とはいえ濾過胞の存在は眼表面に凹凸を生じさせ,これが涙液の不安定性を生じる。緑内障診療には角膜上皮障害や眼表面の違和感がつきものであり,想像できるようにドライアイも緑内障でしばしば認められる。ここでは,緑内障濾過手術を中心として,緑内障手術とドライアイ,角膜上皮障害の関連について,緑内障術者の立場から述べる。
「key words」緑内障,濾過胞,ドライアイ,bleb dysesthesia,トラベクレクトミー

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る