<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 3rd GAST SUMMIT JAPAN学術講演会ハイライト

ワークショップ:わが国から胃癌を撲滅するための具体策 4 長期におけるH.pylori除菌後のフォローアップ

水野元夫

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.2, 28, 2019

日本鋼管福山病院では1995年以降,H. pylori除菌治療およびフォローアップを実施する中で,10年以上の長期計画で臨床研究が行われてきた。
2005年に,H. pylori除菌に成功した場合と失敗した場合の胃癌発癌率を比較し,成功した場合は発癌率が大幅に下がるという結果を報告した。その後,同じ集団に対して数回にわたって追跡調査を行い,現在では平均フォローアップ期間が7.1年,最長で21.4年となっている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る