<< 一覧に戻る

DEBATE ON GI THERAPY ディベート

便秘型IBS「機能性便秘と基本的には同じ疾患である」とする立場から/「機能性便秘と全く違う疾患である」とする立場から

内藤裕二中島淳三輪洋人

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.1, 47-55, 2018

三輪:今回は,「便秘型過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)」をテーマとしてディベートを行いたいと思います。内藤先生には「機能性便秘と基本的には同じ疾患である」とする立場,中島先生には「機能性便秘と全く違う疾患である」とする立場にあえて立っていただき,論点を整理しながら理解を深めたいと思います。まず,「便秘とは何か,なぜ便秘が重要か」という話題から始めたいと思います。

●本企画は,問題点をより明確にすることを目的としているため,ここでの論者による議論は,あえて一方の見地に立った場合のものであり,必ずしも論者自身の確定した意見ではありません。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る