<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 わが国から胃がんを撲滅するための方策

3 除菌数を増やすためにどのような取り組みが必要か

②市民への啓発

伊藤公訓保田智之小刀崇弘木曽まり子益田和彦畑幸作吉原正治田中信治茶山一彰

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.1, 32-34, 2018

現行の保険診療においては,ピロリ菌除菌治療の対象となるには事前に内視鏡検査を実施する必要がある。そのため除菌対象者は,有症状で医療施設を受診した患者,または胃がん検診で内視鏡検査を受けた例に限られる。胃がん対策としての除菌治療を考える際には,いかに健常ピロリ菌感染者(ピロリ菌陽性無症状者)を,除菌治療に誘導するかが重要となる。胃がん検診受診の際の個別対応に加え,テレビ,新聞などのマスコミ媒体を通じた情報提供,さらには学校保健でのがん教育などで,一般市民に正しい知識を広めていくことが必要である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る