<< 一覧に戻る

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患

第25回 Helicobacter pylori急性感染と考えられる1症例

末廣満彦春間賢中村純岡好仁谷川朋弘浦田矩代笹井貴子河本博文眞部紀明鎌田智有物部泰昌

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 13-16, 2017

Helicobacter pylori(以下H. pylori)感染率の低下と,衛生環境の向上により,H. pylori感染による急性胃炎の症例は減少していると思われる。しかしながら,稀に成人のH. pylori急性感染例を経験する。H. pyloriによる急性感染を経験した場合,除菌治療を考える上で,初感染か既感染かを診断することが重要で,さらに,初感染であれば,すべての症例が持続感染とはならないので,急性感染を診断時に除菌治療を行うことは正しくない。
今回,30歳女性のH. pylori急性感染例を経験したので,診断と治療について考察を加え報告する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る