<< 一覧に戻る

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患

第24回 自己免疫性胃炎に合併し,亜有茎性を示した胃NET症例

末廣満彦春間賢中村純岡好仁谷川朋弘浦田矩代河本博文眞部紀明鎌田智有徳毛健治物部泰昌

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.2, 13-17, 2017

胃カルチノイドは,WHO分類ではneuroendocrine tumor(NET)に含まれ,核分裂指数とKI-67指数による悪性度評価から,G1とG2に分類される。さらに,胃NETは発生環境の違いにより,Rindiにより,Type Ⅰ,Ⅱ,Ⅲに分類されている1)。胃NETは胃粘膜深部より発生するため,粘膜下腫瘍の形態をとり,黄色調を呈することが多く,時に,表面にびらんや潰瘍を形成する2)。今回,自己免疫性胃炎に合併し,亜有茎性,分葉状に発育し,過形成性ポリープ類似の外形を示した胃NETを経験したので報告する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る