<< 一覧に戻る

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患

第19回 検診で発見され,内視鏡的切除を行った胃脂肪腫の1例

石井学春間賢村尾高久鎌田智有塩谷昭子河合良介眞部紀明畠二郎秋山隆佐藤元紀

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 5-9, 2014

胃の脂肪腫は比較的頻度が高い粘膜下腫瘍で, 大半は小さく, 経過観察となることが多い. 今回, 胃がん検診の目的で施行された胃X線検査で発見され, 内視鏡的に切除した胃腺腫を経験したので, 若干の考察を加え報告する. 「症例」50歳代, 女性 主訴: なし 現病歴: 5年ぶりに受けた20XX年人間ドックの上部消化管造影検査で胃に異常を指摘され, 精査目的にて当科を受診した. 既往歴: 糖尿病(内服加療) 嗜好歴: 機会飲酒程度, 喫煙なし 現症: 身長156.7cm, 体重51kg. 心肺音異常なし. 腹部: 平坦・軟, 圧痛なし. 腫瘤触知せず. 末梢血, 血液生化学検査, 異常なし. 「画像所見」胃X線所見(図1): 胃角部大彎に平滑な半球形隆起を認める. 表面には潰瘍形成は認めず, くびれのある病変である(図1A). 大きさは34×22mmで, 周囲粘膜には異常を認めない(図1B). 圧迫にて形態は変化し, 柔らかい病変である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る