<< 一覧に戻る

DEBATE ON GI THERAPY ディベート

食道アカラシアの診断

小村伸朗眞部紀明三輪洋人

THE GI FOREFRONT Vol.9 No.1, 47-55, 2013

本企画は, 問題点をより明確にすることを目的としているため, ここでの論者による議論は, あえて一方の見地に立った場合のものであり, 必ずしも論者自身の確定した意見ではありません. 「食道アカラシアに関する概説と類縁疾患」三輪 今回は「食道アカラシアの診断」をテーマとし, 小村伸朗先生には「診断はレントゲンで行うべきである」とする立場, 眞部紀明先生には「診断は高解像度食道内圧検査(high resolution manometry:HRM)で行うべきである」とする立場にあえて立っていただき, 食道アカラシア(以下, アカラシア)の診断について改めて検討したいと思います. ディベートの前に, アカラシアに関する概要について眞部先生にご説明いただきます. 眞部 アカラシアは1674年にWillisによって初めて報告され, 食道体部の一次蠕動波の消失および下部食道括約筋(lower esophageal sphincter:LES)の弛緩障害を特徴とする機能性疾患と定義されています.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る