<< 一覧に戻る

特集 運動とアンチエイジング

特集にあたって

福井道明大坂貴史

アンチ・エイジング医学 Vol.17 No.5, 5, 2021

“Walking is the best medicine to us human beings”とヒポクラテスがいっているように,体を動かすことは健康長寿にとって欠かすことのできないものである。近年でも運動によるさまざまな健康長寿の効果が報告されている。そんななか,日本においては身体活動量の低下から,習慣的な運動が重要視されている。また,新型コロナウイルス感染症の発生からもうすぐ2年が経過し世界的なパンデミックが今もなお多くの人に影響を与えており,感染対策のために身体活動量が著しく減った方も多く,“運動不足”のパンデミックであるといえよう。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る