<< 一覧に戻る

100歳まで生きるための本100選

第82選 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』

東浩太郎

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.6, 68-70, 2020

コロナ禍のなか,読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか?世界中の日常が新型コロナウイルス流行のためにこのように変容するとは,昨年の今頃はまったく想像できませんでした。このことに限らず,私たちの日常は,偶然の出来事に左右されます。個人のレベルでは,病気や事故も同様です。しかし人類は,不断の努力で医学・医療を発展させ,多くの病気や外傷が克服されました。かつての偶然をコントロールできるようにした人類の叡智には目を見張るものがあり,ついに100歳まで多くの人が生きることができる時代となりました。死因のトップが老衰となる日も近いかもしれません。そのような時代に生を受けた私達は,人類史上,おそらくもっとも幸運なのだろうと思います。あまり実感できませんか?では,少なくとも幸運だったと感じられるように,これから幸せな人生を送りたいものです。でも,幸せな人生とは何なのでしょう?

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る