<< 一覧に戻る

100歳まで生きるための本100選

第75選 『年齢は捨てなさい』

高橋洋子

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 72-73, 2019

土曜日の朝仕事に向かう途中,ふとテレビをつけたら『サワコの朝』をやっていた。色々なジャンルの著名人を呼んで,阿川佐和子さんが対談する番組だ。その日のゲストは下重暁子さんだった。なになに,NHKの元アナウンサーで,今はさまざまなジャンルの本を書いていらっしゃる方らしい。実は私は番組で見るまで,この方を存じ上げなかった。でも,その分,誰もが知る雲の上の特別な人ということではなく,一般人に近い正直な意見を述べられている方なのではないかと感じた。
早速,本を読んでみた。年齢を気にせず好きなことに没頭している人は,皆若くてイキイキしており,「もう年だから」が口癖の人は総じて老け込み,わびしい人生を送っているのではないかと問いかける。題名どおり,年齢は捨てて,年齢に縛られることなく,人生をより有意義に愉しみなさいと,年齢を封印することで,できることが10倍増えるのだと。確かに「年甲斐もなく」と思ったり,年齢にとらわれて自ら枠や制限を作ってしまって,チャレンジしなくなることはあるのかも知れない。年齢という呪縛から解き放たれれば,もっと自由にもっと柔軟に色々なことが考えられ,実現できるのかも知れない。
冒頭にイチロー選手の談話が載せられている。
「いくつまでとか,年齢だけでくくられるのは,うっとうしいじゃないですか」

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る