<< 一覧に戻る

特集 メタボローム解析とアンチエイジング

エイジングによる炎症収束プロセス遅延と脂質メディエーター

篠原正和

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 36-41, 2019

炎症反応は外的傷害に対する生理的な応答反応であるが,適切に制御されなければ慢性炎症に結びつく。従来,炎症の収束は炎症性刺激の減弱に伴い,受動的に進行すると考えられてきたが,新たな“炎症収束性脂質メディエーター(specialized proresolving mediator:SPM)”が発見され,生体は“能動的な”炎症収束プロセスを実行していることが明らかとなってきた。我々は,これらSPMによって制御される炎症収束プロセスが,エイジングによる影響を受けることを見出したので本稿にて紹介したい。
「KEY WORDS」炎症収束性脂質メディエーター(SPM),能動的な炎症収束プロセス,エフェロサイトーシス,エイジング

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る