<< 一覧に戻る

100歳まで生きるための本100選

第73選 『腰痛のナゼとナゾ “治らない”を考える』

岩波佳江子

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 70-72, 2019

私が初めて「ギックリ腰」を経験したのは研修医の頃でした。当時,出身大学の整形外科で研修を始めてまだ数ヵ月という頃,下腿を骨折して手術した後の患者さんの消毒のために脚を持ち上げたその瞬間,腰に「ピキッ!」と痛みが走り「あっ!!」と言ったきり動けなくなり,私が患者となりました。その痛みたるや,まさに「魔女の一撃」。夜遅くギックリ腰で救急外来に来る患者さんの気持ちがよくわかりました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る