<< 一覧に戻る

エイジングサイエンス

第54回 視床下部幹細胞はエクソソームmiRNAを介して部分的に老化速度を制御している

大﨑啓介柳田素子

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.1, 100-102, 2018

成人の神経幹細胞(neural stem cells:NSCs)は脳のごく限られた部分に存在し,局所の神経新生および脳機能に関与している。最近,成人のNSCsが視床下部,特に内側基底部(mediobasal hypothalamic region:MBH)に存在しており,全身のホメオスタシスの神経内分泌的な制御に重要であることが明らかになった。著者らは,過去に視床下部が全身の老化に関連していることを報告したのに続き,今回は視床下部のNSCs(hypothalamic NSCs:htNSCs)が老化のプロセスにどのように関与しているかについて検討した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る