<< 一覧に戻る

アメリカエイジング研究の現場から 研究最前線レポート

アフリカ系米国人におけるビタミンD不足の評価方法と東アジア人におけるCoQ10不足─新しいパーソナライズド・サプリメントの可能性

金木正夫

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.5, 89-89, 2016

女性の社会的活躍を阻む見えない障壁「ガラスの天井」が米国でも突き破られるのか?─2016年の米国大統領選挙が行われる11月までわずかとなりました。ただ,実際には,初の女性大統領誕生についてよりも,グローバリゼーションの進展や最近のテロの増加に関連して,人種や宗教の多様性に関する意見や政策の違いのほうが,米国大統領選挙においてより重要なテーマになっている印象があります。
大統領選挙や政治とは関係ありませんが,医学の分野でも,人種による違いが米国でトピックになっている研究分野があります。白人に比べてアフリカ系アメリカ人の寿命は短く,こうした健康面での人種間の格差は医学・保健衛生の観点からも社会的にも大きな問題です。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る