<< 一覧に戻る

特集 免疫チェックポイント阻害薬:免疫と腫瘍の接点

特集にあたって

門野岳史

皮膚アレルギーフロンティア Vol.16 No.1, 5, 2018

悪性黒色腫は『皮膚アレルギーフロンティア』とは従来無縁の存在であったが,免疫チェックポイント阻害薬の登場により,ややもすると忘れかけられていた腫瘍免疫が檜舞台に躍り出るとともに,悪性黒色腫と皮膚免疫の密接な関係が実臨床で明らかにされた.また,免疫チェックポイント阻害薬の使用によりさまざまな免疫関連有害事象(irAE)が出現するが,中でもさまざまな皮疹が高頻度に出現する.そうしたことも踏まえると,今回の『免疫チェックポイント阻害薬:免疫と腫瘍の接点』という特集も時宜を得たものと言えるのではないだろうか.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る