<< 一覧に戻る

BOOK REVIEW

「若い医師たちに紡ぐことば」宮地良樹 編集

三輪健一

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.2, 56-59, 2015

「はじめに」「若い医師たちに紡ぐことば」と題されたこの書籍は,前京都大学皮膚科教授・宮地良樹の「教授退職記念業績集」である.彼はよくある業績集では満足せず,一風変わった書籍となっている.宮地と関わった数多くの人が,そして宮地本人が「紡いだことば」によって織りなされた素敵なタペストリーとなっているのである.横糸は宮地のクロニクル,そして縦糸はそれぞれの時代を共に過ごした盟友たちの宮地に関わる物語によって綯われている.両者の協働作業により織られたこのタペストリー,盟友たちの数だけの戦記とも呼ぶべき物語によって彩りが添えられている.この焦臭い時代,あまり戦争に喩えたくはないが,宮地の歩んできた道は,その時代,置かれた状況との闘いと呼ぶにふさわしい,と思う.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る