<< 一覧に戻る

写真で学ぶアレルギー

これが唾液腺バイオプシーのやり方だ!

平原和久

皮膚アレルギーフロンティア Vol.12 No.3, 58, 2014

[Point! 小唾液腺は炎症が進行すると,丘疹がみえにくくなる.そのため,生検部位ははっきりみえる丘疹より,みえにくくなっている丘疹のほうが組織所見を得られやすい.]
「はじめに」過去にはシェーグレン症候群(SS)の診断に大唾液腺の生検が行われていた.しかし,口唇小唾液腺生検の組織所見と大唾液腺のそれとが相関していることが報告され1),近年では診断に小唾液腺の所見が用いられるようになった.唾液腺生検はSSの診断に必須なものではないが,腺組織を直接評価する方法として有用である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る