<< 一覧に戻る

ADモデル

特集にあたって

水谷仁

皮膚アレルギーフロンティア Vol.9 No.1, 5, 2011

 「アトピー性皮膚炎の動物モデル」というと日頃のアレルギーの臨床とは別のものと思われがちです.しかし,臨床で遭遇する種々の疑問である「この症状がどうして起こるのか?」,「いつも使っている治療薬がどうして効くのか?」,「もっとよく効く治療はないのか?」,「未来の治療は?」といった疑問ももたれていることと思います.また,疾患の詳細な病因・病態解析や新規の治療開発には動物モデルは欠かせないことも事実です.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る