<< 検索結果に戻る

循環器内科領域:長いエベロリムス溶出性ステントを留置した際のDAPTは6ヵ月? 12ヵ月?

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 72-73, 2016

近年,薬剤溶出性ステント(drug eluting stent;DES)の開発は新世代へと進み,ステント留置後の死亡,心筋梗塞発症,ステント血栓症のリスクは減少し,最近では短期間の抗血小板薬2剤併用療法(dual antiplatelet therapy;DAPT)は12ヵ月以上の長期間と差がないとする報告が多くされている。一方でこの20年間,留置されるDESの総ステント長は徐々に長くなってきている。長いDESの留置は,新世代DESをもってしても依然としてステント血栓症,心筋梗塞発症などのリスク因子であるが,その際のDAPT期間について検討された試験は限られている。本研究では,長いステント長のエベロリムス溶出性ステント留置後のイベント発生を,DAPT6ヵ月投与群と12ヵ月投与群に分けて比較した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録