<< 一覧に戻る

レニン-アンジオテンシン系阻害薬の新しい話題

抗アルドステロン薬

Mineralocorticoid receptor blocker

北田研人中野大介西山成

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 31-38, 2011

Summary
 近年の精力的な研究により,アルドステロン/ミネラロコルチコイド受容体(MR)系は,高血圧や糖尿病,メタボリックシンドロームなどに伴う臓器障害の重要なメディエーターであることが明らかにされてきた。さらに最近では,アルドステロン非依存的なMR活性化機構,ステロイド骨格をもたない新しいクラスのMR拮抗薬,マクロファージなど骨髄性細胞のMRと臓器障害など,アルドステロン/MR系に関する新しいトピックスも続々と見出されている。しかしながら,アルドステロンの作用やMR拮抗薬の薬理学的作用機序などについては,いまだ未解明の部分が多い。MR拮抗薬をより効果的に用いるためには,MR活性化メカニズムの解明やMR活性化の診断法の開発とともに,積極的な臨床研究が望まれている。

Key words
●アルドステロン ●ミネラロコルチコイド受容体 ●アルドステロン非依存性ミネラロコルチコイド受容体活性化 ●マクロファージ ●腎細胞老化

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る