<< 検索結果に戻る

順天堂大学医学部腎臓内科学講座/順天堂大学医学部附属順天堂医院腎・高血圧内科

Nephrology Frontier Vol.15 No.4, 78-81, 2016

順天堂大学医学部の附属病院である順天堂医(醫)院は,楽器店やスポーツ用品店が建ち並ぶ御茶ノ水駅から徒歩5分の神田川沿いに位置しています.順天堂の創立は,古くは佐藤泰然先生が江戸薬研堀に蘭学塾和田塾を開設した1838(天保9)年とされています.その後,1843(天保14)年に江戸から千葉の佐倉に移住し,「順天堂」が開設されています.ちなみに「順天」とは,中国古書にある「天の道に順」に由来しています.最終的に,現在の御茶ノ水に病院を移し開設したのは,1875(明治8)年になります.そして1946(昭和21)年には順天堂医科大学となり,1951(昭和26)年に順天堂大学となり,現在に至ります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

施設紹介 抄録