<< 検索結果に戻る

尿沈渣検査の付加価値情報

Nephrology Frontier Vol.15 No.4, 46-53, 2016

心臓から拍出された血液は体内を循環し,腎臓の糸球体で濾過され尿を生成する.尿には腎・尿路生殖器で起きた病変に由来する各細胞や成分が排出され,それらを検出することは,疾患の早期診断,治療効果や薬剤の副作用の判定に役立つ.したがって,尿沈渣検査の役割はスクリーニングとモニタリングとなる.さらに,これからは,病態メカニズムの解明に関与する付加価値情報としての役割が望まれる.
本稿では,尿中に剥離される細胞や成分について,現時点での臨床的意義とこれから望まれる付加価値情報について述べる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録