<< 検索結果に戻る

新規尿酸降下薬の特性

Characteristic of new antihyperuricemic agents

Nephrology Frontier Vol.15 No.2, 34-38, 2016

「SUMMARY」最近,尿酸産生抑制薬として,相次いでフェブキソスタットとトピロキソスタットが上市された.両薬物とも,プリン骨格を持たず,キサンチン酸化還元酵素に対して高い選択性を示す阻害薬である.また,複数の排泄経路を持つため,アロプリノールと異なり,軽度から中等度の腎機能低下時にも常用量を使用することが可能である.今後,両薬物が尿酸産生抑制薬の中心になっていくものと思われる.
「KEY WORDS」フェブキソスタット,トピロキソスタット,キサンチン酸化還元酵素,非プリン型阻害薬

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録