<< 一覧に戻る

検尿ノススメ

第53回 紫色蓄尿バッグ症候群の2症例

横山貴磯田典子大沼榮子

Nephrology Frontier Vol.14 No.2, 42-46, 2015

「はじめに」尿の色調は,生理・病理学的条件によって変化する.通常,尿色調はウロクロム色素によって麦藁色から黄色調を呈する.このウロクロムは,蛋白質の代謝産物であり,トリプトファンからキヌレニン,ウロクロモーゲンを経て生じる.尿色調の濃さは,食物および水分摂取・運動・発汗などの影響を受けて変化する.薬剤が投与されている場合には着色尿となる.尿色調異常とその原因を表1に示す1).本稿では,蓄尿バッグやチューブが紫色に染まる紫色蓄尿バッグ症候群(purple urine bag syndrome:PUBS)の2症例を経験したため,尿検査所見および腎機能を含めた血液・生化学検査所見や便秘などの理学所見について,若干の文献的考察を加えて報告する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る