<< 一覧に戻る

海外文献紹介

ストレス活性化miR-204は軟骨細胞の老化表現型を制御して,変形性関節症の発症を促進する/ヒト多能性幹細胞から肝星細胞を生成することで,in vitroでの肝線維化のモデリングが可能となる

黒田良祐板場則子鈴木響介汐田剛史

再生医療 Vol.19 No.2, 50-51, 2020

変形性関節症(OA)の病因は多因子性であり,年齢などの全身的要因と過剰な体重や関節の不安定性に起因する機械的ストレスなどの局所的要因が関与する。加齢と過度の機械的ストレスは,軟骨細胞での酸化ストレスの蓄積を促進し,細胞の老化,脱分化およびアポトーシスを引き起こすことが明らかになってきた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る