<< 一覧に戻る

海外情報

Cincinnati Children’s Hospital Medical Center

山路剛史

再生医療 Vol.19 No.2, 37-39, 2020

突然ですが,『オータム・イン・ニューヨーク』という映画を見たことはありますか? ウィノナ・ライダー演じるシャーロットを救うべく,リチャード・ギア演じるウィルが,天才心臓外科医をオハイオ州クリーブランドから呼び寄せるのです。なぜボストンでもなく,ニューヨークでもなく,オハイオ州なのでしょう? それは,オハイオ州には全米トップの心臓外科を有するクリーブランド・クリニックがあるからです。私は現在,このオハイオ州にあるシンシナティ市で研究をしています。残念ながら,シンシナティ市が映画に登場することは稀ですが,小児医療ならびにその基礎研究では世界的に有名な場所です。私が2年前にラボを構えたシンシナティ小児病院医療センター(Cincinnati Children’s Hospital Medical Center:CCHMC)は全米第3位の小児医療センターです。年間予算は日本円にしておよそ3,000億円。東京大学の予算が2,400億円であることを考えると,その大きさを想像していただけるかと思います。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る