<< 一覧に戻る

企業紹介

JFEテクノリサーチ株式会社

~再生医療での取り組み~

林沙織石野和成森田智之

再生医療 Vol.19 No.1, 66-68, 2020

医薬品や医療機器などのメディカル分野では通常の輸送に比べ,温度・湿度が留意されています。再生医療等製品については温度・湿度に加え,振動・衝撃についても留意されることと考えられます。わが国では2014年11月に「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」および「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律」が施行され,再生医療の推進が進められるなか,再生医療等製品の輸送に関する要求事項が『品質の確保のために必要な措置を講じること』や『適切な記録を保持すること』等,概要が記載されています。
一方で,実際の輸送環境は複雑で輸送BOXの仕様,緩衝材の有無,輸送車の種類,ドライバーの経験,路面の状態などにより温度,振動・衝撃等は変化します。そのためどのような環境で運べば再生医療等製品の品質を損なわず,製造場所から病院まで運搬できるかの判断はとても難しいと考えられます。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る