<< 一覧に戻る

学会印象記

第41回未来医学研究会大会

楠田佳緒

再生医療 Vol.17 No.3, 82-83, 2018

第41回未来医学研究会大会が,平成30年5月26日に富士フイルム株式会社(東京本社)で開催された。大会テーマは「再生医療のサプライチェーン-診断から治療まで-」であり,大会長を富士フイルム株式会社取締役副社長・CTOの戸田雄三様が務められた。参加者は約150名で,満席の盛会であった。
大会長講演では,戸田雄三様(富士フイルム株式会社)が「未来医療へと続くイノベーション」について講演された。写真用フィルム市場全体の需要が低迷するなか,富士フイルム社は化粧品事業への大転換を成功させた。現在,再生医療事業では予防領域・治療領域へ参入している。特に予防領域では,早期診断・早期介入を進めることで健康寿命の延伸を目標としている。また,創薬分野へ展開することで,患者由来の細胞とOrganmimicの開発により創薬プロセスにかかわるコストが削減できることを提案された。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る