<< 一覧に戻る

Review(再生医療)

関節軟骨の再生医療

Regeneration of Articular Cartilage

亀井直輔越智光夫

再生医療 Vol.14 No.1, 9-17, 2015

「関節軟骨障害」世界に先駆けて超高齢化社会に突入した日本において,健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を示す「健康寿命」が注目されはじめており,平成26年版厚生労働白書でも,増え続ける医療費や介護費を抑えるには健康寿命の延伸が重要だとされている。平成22年国民生活基礎調査(厚生労働省)のデータによると,高齢者が要介護状態となる原因の上位に「関節疾患」が報告されていることから,関節軟骨の治療開発は社会的に大きな意味を持つ。関節軟骨は血行を持たず,少ない細胞成分と豊富な細胞外基質で構成されていることで,日々の機械的ストレスに耐え得るようになっているが,いったん損傷を受けると修復するための栄養や細胞が供給されにくい環境であるため,自然修復が困難である。
「Keywords」関節軟骨,培養軟骨移植,間葉系幹細胞,磁気ターゲッティング,臨床応用

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る