<< 一覧に戻る

その他

山中伸弥先生ノーベル医学・生理学賞受賞を祝して

髙戸毅

再生医療 Vol.12 No.1, 14-14, 2013

山中先生の輝かしい偉業に心から敬意を表します. 今回の受賞は, 私ども日本再生医療学会の誇りであり, また, 再生医療の推進と科学の発展を志すものとして大変刺激を受けました. 本当にありがとうございました. 山中先生のご研究を知ったのはnanogのクローニングの時からです. 私どもの研究室でも先生の論文を読み, 一同感銘をうけて, 早速cDNAを分けていただいたのを覚えています. 大変親切にご対応いただき, 当時お会いしたことこそありませんでしたが, メールでのやり取りで気さくなお人柄に触れ, 一同すっかりファンになりました. その後のご活躍は言わずもがなですが, 東大医学部に来てくださったときも, わかりやすく, かつ和やかにお話しくださり, 若い大学院生たちや私たちの心にしっかりと残るご講演をしてくださいました. 再生医療学会のShinya Yamanakaセミナーでは, 研究所立ち上げのご苦労や周囲からのプレッシャーのことを話されていましたが, 私にはそれを愉しみ, 明日への活力にされているように見えました. ノーベル賞受賞以来, 大変お忙しいこととは存じますが, 一段落がつきましたら, 是非また再生医療学会でご講演をいただきたく存じます. 学会員一同, 先生のご講演を大変楽しみにしております. 再生医療の明日を担う若い研究者の多くが, 先生のご講演やご発言を聴き, 一層奮い立つことと思われます. 私たちも, 山中先生に負けないように研究に励み, ともに再生医療の発展と医療への還元が進むよう努力して参りたいと存じます.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る