<< 一覧に戻る

感染防御

COVID-19の空気感染 / エアロゾル感染対策の誤りについて

西村秀一

インフルエンザ Vol.22 No.3, 21-26, 2021

COVID-19における空気感染/エアロゾル感染が,ようやく感染経路の大きな担い手として市民権を得てきている.その一方で,この感染様式を前提とした対策の中には,イメージだけで語られ実質を伴わないものになっているものが多い.さらには,まるでパンデミックの混乱・不安に乗じるかのごとく,宣伝先行でビジネスを展開する向きに乗せられている例もある.
実際の対策で多くの場で使われているものとしては,二酸化炭素濃度測定,空気清浄機,陰圧室,空間除菌などを挙げることができるが,現場では適切な選択あるいは適切な使用がなされていなかったりすることが多く,要注意である.
「KEY WORDS」空気感染/エアロゾル感染,二酸化炭素濃度,空気清浄機,陰圧室,空間除菌

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る