<< 一覧に戻る

スペシャリストに聞く

COVID19とインフルエンザ―小児科医からみた比較と分析―

田村大輔

インフルエンザ Vol.22 No.1, 45-48, 2021

依然,収束への道筋が見えない新型コロナウイルス感染症であるが,対策を考えるうえで最も参考になるのがインフルエンザである.高熱や呼吸器系症状を発現し,短期間に蔓延して一部重症化するなど,基本的に両疾患には似た点が多い.一斉休校措置の実施も,インフルエンザ流行時の学級閉鎖を念頭に置いてのことだっただろう.一方で新型コロナウイルス感染症では小児は重症化しにくいという報告もある.小児科医からみた2つの疾患の比較を中心に,田村大輔先生にお話をうかがった.(聞き手:編集部)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る