<< 一覧に戻る

スペシャリストに聞く

懸念されるインフルエンザとCOVID-19の同時流行について

菅谷憲夫

インフルエンザ Vol.21 No.3, 33-37, 2020

創刊以来,本誌が何度も取り上げてきたパンデミックの脅威が,ついに現実になった.新型コロナウイルス感染症の地球規模の拡大は,人々の意識を激変させる強いインパクトがある.インフルエンザとの関連に限れば,今回の流行は,改定中のWHOのインフルエンザガイドラインにも影響を与える可能性がある.そして,今,世界で懸念されているのが,今冬のインフルエンザとの同時流行である.菅谷憲夫先生にお話をうかがった.(聞き手:編集部)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る