<< 一覧に戻る

INFLUENZA REPORT

第5回国際抗ウイルス薬会議(5th isirv-Antiviral Group Conference)参加報告

高下恵美

インフルエンザ Vol.18 No.2, 56-57, 2017

国際抗ウイルス薬会議はInternational Society for Influenza and other Respiratory Virus Diseases(isirv)のspecial interest groupとして設立されたAntiviral Group(isirv-AVG)が主催する学術集会である.isirvの主催によるインフルエンザ制圧国際会議(Options for the Control of Influenza)の開催年を除き,毎年世界各地で開催されている.第5回会議は2017年6月14~16日に中国上海市のリーガル上海イーストアジアホテルで開催された.約半数が中国国内からの参加者であったが,米国テキサス州オースティンで開催された前回会議を凌ぐ340名以上の参加登録があった.
本学術集会では,毎回異なるテーマが掲げられており,今回のテーマは「Prevention and Treatment of Respiratory Virus Infections:Antivirals, Traditional Therapies and Host-Directed Interventions」であった.なかでも,Traditional Therapiesとして漢方薬によるインフルエンザ治療を紹介するセミナーは,開催国中国ならではの演題であった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る