<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

キットを使わずに,インフルエンザウイルス感染と普通のかぜを臨床的に見分ける方法はありますか.

岩城紀男

インフルエンザ Vol.18 No.1, 27-28, 2017

いわゆるかぜは,パラインフルエンザウイルス,アデノウイルス,ヒトメタニューモウイルス,RSウイルスなどにより引き起こされ,5~7日の潜伏期間ののち鼻水,咽頭痛,咳の症状がみられますが比較的症状は軽いです.発症は緩徐で,発熱は38℃以下にとどまることが多く,通常筋肉痛,全身倦怠感などの全身症状を欠きます.
これに対しインフルエンザは,毎年12~4月の冬季流行期にA型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けて1~3日の潜伏期間を経て突然発症し,学校,家庭,職場,施設内で感染が広がります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る