<< 一覧に戻る

Voice of pharmacist

インフルエンザ流行期における服薬指導のポイント

沼尾美保

インフルエンザ Vol.18 No.1, 23-24, 2017

季節性のインフルエンザは毎年主に冬場に流行し,一般的なかぜ症状に比べて重症化しやすい.高齢者や妊婦,乳幼児,ハイリスクとなる基礎疾患(慢性肺・心疾患,免疫不全状態,糖尿病など)をもつ方が罹患することにより,肺炎や気管支炎などを併発,重症化し,最悪の場合死に至ることもある.小児においても熱性けいれんや脳症などのリスクもある.保険薬局においては,罹患者への薬剤の適正使用のための指導はもちろんだが,感染予防についての指導も求められる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る