<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンは同時接種できますか.

渡辺彰

インフルエンザ Vol.17 No.3, 24, 2016

安全性を懸念してのご質問と思われますが,現行の2つのワクチンはいずれも不活化ワクチンですから同時接種は可能であり,実地臨床ではすでに行われています.米国では,この2つのワクチン以外にも数種類の不活化ワクチンを小児へ同日,同時に接種しているくらいです.2つのワクチンの添付文書には,「他の不活化ワクチンを接種する場合は6日以上間隔を空ける」という旨が記載されていますが,一方で,2009年10月に成人用23価肺炎球菌ワクチンの再接種がわが国でも承認された際,「医師が必要と認めた場合には同時接種は可能」という旨の文言が追加されました.
「Key Words」インフルエンザワクチン,肺炎球菌ワクチン,不活化ワクチン,同時接種,安全性

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る