<< 一覧に戻る

基礎(インフルエンザ)

インフルエンザ脳症の発症機序

─遺伝子多型解析が解き明かす発症基盤─

木戸博千田淳司山根一彦荒木光

インフルエンザ Vol.12 No.3, 23-30, 2011

 インフルエンザ脳症は,インフルエンザ感染による脳の血管内皮細胞膜の異常な透過性亢進によって出現した重篤な脳浮腫の病態と捉えることができる.ハイリスク患者の発症基盤が,遺伝子多型解析と血管内皮細胞の研究から解明されつつある.脳の血管内皮細胞はエネルギー代謝の活発な細胞で,そのエネルギー源の約70%は脂肪酸代謝に依存している.インフルエンザ脳症に罹患して重症化する患者のなかには,長鎖脂肪酸代謝酵素carnitine palmitoyltransferaseⅡの熱不安定性遺伝子多型が集中していることが判明した.感染によって誘発された血管内皮細胞のエネルギークライシスが,脳浮腫発症の重要な基盤になっていると考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る