<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

米国在住の両親にインフルエンザワクチンを勧めたいのですが,なぜ経鼻スプレーワクチンは無効なのでしょうか.

田村大輔

インフルエンザ Vol.12 No.2, 84, 2011


 現在使用されている皮下接種型のインフルエンザワクチンは,発症予防および重症化予防を目的としており,感染そのものを予防するものではありません.そのため,インフルエンザウイルスの生体への感染そのものを予防するために,2003年米国にて,鼻腔内噴霧用の低温馴化3価弱毒生ワクチン(商品名FluMist®)が開発・認可されました.2歳以上から50歳未満の健康なヒトを対象としています.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る