<< 一覧に戻る

マイクロRNAと循環器疾患

血管平滑筋分化とマイクロRNA

山原研一山口慎太郎本間康一郎伊藤裕

血管医学 Vol.12 No.3, 33-37, 2011

Summary
マイクロRNA(microRNA;miRNA)は,標的遺伝子の転写後修飾や翻訳抑制により,その発現を制御することで,細胞分化や増殖を含むさまざなな細胞機能を制御している.
最近の研究から,特定のmiRNAが血管平滑筋細胞の分化や形質変換,およびその機能維持に関与していることが明らかとなりつつある.とくにmiR-143/145ダブルノックアウトマウスの解析は,miRNAの血管平滑筋細胞分化における重要性を明らかにした.
本稿では,血管平滑筋分化におけるmiRNAの役割について概説したい.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る