<< 一覧に戻る

My Practice―Doctor Interview―

岐阜大学大学院医学系研究科眼科学

川瀬和秀

Frontiers in Glaucoma No.57, 65-68, 2019

岐阜大学眼科は前教授の北澤克明先生の頃より「緑内障のメッカ」とされ,東海地方全域から多くの緑内障患者が来院している.このようななか,自然と緑内障が専門になったと話す川瀬和秀先生は緑内障遺伝子研究に大きく貢献してこられた.研究を進めるなかで,ロービジョンケアの必要性を感じ,「岐阜うかいネット」という地域におけるロービジョンケアシステムの確立にも尽力された川瀬先生に,今の臨床に繋がるこれまでのご研究と今後の展望についてお話を窺った.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る