<< 検索結果に戻る

緑内障とドライアイ

Frontiers in Glaucoma No.54, 66-69, 2017

点眼治療中の緑内障眼の眼表面を観察するとドライアイの所見をみることが多く,緑内障点眼治療が眼表面に与える影響1)が想像される.ドライアイの視点から診ると,そのなかにはドライアイの重症例や薬剤性偽眼類天疱瘡と思われる例が存在することから,点眼治療中の緑内障眼における眼表面診療の基本事項を知っておくことは,緑内障診療においても必須と思われる.そこで,ドライアイ診療の近年の進歩についても言及しながら,点眼治療中の緑内障眼のドライアイ診療についての基本事項を述べる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録