<< 検索結果に戻る

緑内障と近視 第Ⅳ章 管理法 ①近視眼緑内障の管理のコツ

Frontiers in Glaucoma No.52, 56-58, 2016

多治見スタディより,近視は緑内障発症のリスクファクターであることが判明している.一方,年代別の屈折では若年層ほど近視が多いことが確認されており,わが国における近視眼緑内障は,今後さらなる増加をきたすことが示唆される.
近視眼緑内障では,比較的早期から中心視野が障害されるケースがよく見受けられる.強度近視を伴う緑内障の40%以上に初期から乳頭黄斑線維束(PMB)欠損を認め,非近視眼緑内障と比較して有意に高率であるとの報告がある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録