<< 一覧に戻る

日本緑内障学会

第25回日本緑内障学会 データ解析委員会特別セッション

新家眞

Frontiers in Glaucoma No.49, 51, 2015

1 開放隅角緑内障の有病率―久米島スタディ―
琉球大学大学院医学系研究科眼科学 教授 澤口 昭一
2 濾過胞感染多施設共同研究班報告―データの2次利用解析―
福井大学医学部眼科学教室 教授 稲谷 大
3 後期緑内障研究 中間報告
JCHO東京新宿メディカルセンター眼科 医長 杉崎 顕史
4 Lower Normal Pressure Glaucoma Study (LNPGS)中間報告
秋田大学大学院医学系研究科眼科学講座 教授 吉冨 健志
5 緑内障インプラント研究班報告
千原眼科 院長 千原 悦夫
6 緑内障関連遺伝子研究班の活動報告
山梨大学大学院医学工学総合研究部医学学域臨床医学系(眼科学)准教授 柏木 賢治
7 発達緑内障の全国調査 (発達緑内障研究班)
金沢大学医薬保健研究域医学系視覚科学 教授 杉山 和久

複数の日本緑内障学会員による多施設共同研究が現在進行形で行われているが,それらの中でも日本緑内障学会の主要プロジェクトのデータ解析委員会事業として理事会で認定されたものが現在7つある.この内既にデータ収集が終了したものについてはその解析結果を,データ収集中のものについてはそのデータ収集の進行状況と中間解析結果を学会員に報告してもらうのがデータ解析委員会特別セッションである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る