<< 一覧に戻る

The Front Line(研究会/施設紹介インタビュー)

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会「小児アレルギーエデュケーター」認定制度

赤澤晃益子育代

International Review of Asthma & COPD Vol.15 No.1, 39-43, 2013

罹患率が増加している小児アレルギー疾患において, 患者教育の重要性が注目されている. その中で3年前に発足した, 喘息のみならずアレルギー疾患全般の患者教育を担う「小児アレルギーエデュケーター(Allergy Educator; AE)」制度について, 東京都立小児総合医療センターの赤澤晃先生, 益子育代先生に, 医師, AEそれぞれの立場からお話しいただいた. 「小児アレルギーエデュケーター誕生の経緯」―日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会(Japanese Society of Pediatric Intractable Asthma and Allergic Diseases; JSPIAAD)は2009年に「小児アレルギーエデュケーター」認定制度を設立しましたが, その経緯をお聞かせください. 赤澤 JSPIAADは1984年, 旧国立療養所(現・国立病院機構)の医師, コメディカルを中心に設立されました.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る