<< 一覧に戻る

誌上ディベート

難治性逆流性食道炎の観血的治療の選択はどうするか

小村伸朗柏木秀幸時岡聡梅垣英次竹内望竹内利寿依田有紀子小嶋融一樋口和秀小澤壯治

Frontiers in Gastroenterology Vol.15 No.4, 20-33, 2010

「はじめに」逆流性食道炎は食道胃接合部の機能不全により, 胃酸を中心とした胃内容物が食道内に逆流することによって生じる. その病態には多くの因子が関与していることが知られている. ただし胃食道逆流が病態の主因であるため, 本来ならば胃食道逆流を抑えることが治療としては理にかなっている. しかし内科的治療で胃食道逆流を確実に抑制できるすべは現在ない. そこで逆流内容物の主体をなし, 攻撃因子としての中心である胃酸を抑制することが薬物療法の基本となっている. 現在, 治療の第一選択薬は強力な酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor:PPI)であり, その治療成績は良好である. 欧米人と比較して酸分泌が少ない日本人では, PPIで多くの症例がマネジメント可能であり観血的治療が必要となる機会は現時点では少ない. しかし逆流性食道炎の罹患率は増加しており, 今後Helicobacter pyloriの感染率が低下していくことを鑑みれば, 内科的治療でコントロールできない症例も増えてくることが予想される.

本企画「誌上ディベート」は問題点をよりクローズアップすることを目的としており, このテーマに対して, あえて一方の見地に立った場合の議論であって, 必ずしも論者自身の確定した意見ではありません.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る