<< 一覧に戻る

特集 血栓回収療法の実際

座談会 血栓回収療法をどう実践するか?

吉村紳一山上宏森本将史松本康史

脳と循環 Vol.22 No.1, 11-19, 2017

吉村(司会):急性期脳梗塞に対する血管内治療は,2013年には3つのランダム化比較試験(RCT)で有効性が示されず「ホノルル・ショック」と呼ばれました.しかし,2年後の2015年には5つのRCT1)-5)により,その有効性が確立しました.今回は大きな注目を浴びているこの血栓回収療法に焦点を当てて,わが国の現況と問題点,そして近未来について座談会を行います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る