<< 一覧に戻る

特集 脂質低下療法と脳卒中―PCSK9阻害薬の登場―

糖尿病管理におけるPCSK9阻害薬の役割

The role of PCSK9 inhibitor in the management of the patients with diabetes mellitus

長谷川夕希子中神朋子内潟安子

脳と循環 Vol.21 No.3, 49-53, 2016

「SUMMARY」わが国発信のJ-STARS研究では,脳卒中における2次予防に対するLDLC低下薬スタチンの投与は脳卒中全体の再発率を低下させなかったが,アテローム血栓性脳梗塞のリスクを有意に低下させたと報告した.動脈硬化性疾患の高リスクであり,アテローム血栓性脳梗塞の多い糖尿病患者には朗報といえる.新規のLDLC低下薬PCSK9阻害薬は,強力なLDLC低下作用とともに抗動脈硬化作用が期待されるため,糖尿病患者の中でもスタチン抵抗性高LDLC血症や,スタチン投与が困難な例で脳卒中予防効果が期待される.
「Key words」糖尿病,脂質異常症,PCSK9阻害薬,脳卒中,心血管疾患

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る